Laboratory of the grass 雑草のラボラトリー

Laboratory of the grass 雑草のラボラトリー


img1609240007

img1609240002

img1609240003

img1609240004

img1609240005

img1609240000


img1608180011
img1608180012
img1608180016
img1608180020
img1608180017
img1608180021
img1608180023


家の近くにある雑草がぼうぼうの駐車場は、行きつけの花屋みたいなもの。夏の間、花びんに挿すためにむしっていたネコジャラシの勢いがなくったと思うと、秋になり横からコミカンソウが伸びてきた。コミカンソウは小ぶりの葉っぱがパパパパっとして、ちいさな蜜柑のような実がプチプチと連なって、可愛い。しかし取ってみると、すぐにしなだれてしまうから、摘んで帰って花びんに挿すには向かない。

すみっこでは、ドクダミの葉が元気だった。若々しい黄緑色をしている。ドクダミは春のもと思っていたけど、秋と春は気温が似ているからかもしれない。雨粒のような形の葉っぱがかわいい。むしると独特のくさみが鼻をつく。花びんに一本さすだけなので、いさぎよく一本だけ取ればいいのに、雨の中を何本もむしってしまう。ツーンとした匂いが辺りに漂う。フェルトの帽子とネルのシャツを湿らせた引き換えに、手に入れた今日の収穫は、虫食いの葉っぱだ。


Return to the ”Art piece”
「作品」へもどる


Short and Art
3-2-10,Yanaka,Taito,Tokyo
shortandart.wordpress.com
当サイト内のすべての画像および文章の複製、転用、改変を禁止します。Copyright (C) 2015 Short and Art All Rights Reserved.